RECRUITING

採用情報

医療事務

コメディカル

看護師

福利厚生

よくある質問

採用の流れ

医療法人社団育心会 Copyright© IKUSHINKAI Medical Group. All Rights Reserved.

インタビュー

看護師 | Tさん(さくらキッズくりにっく)

発達相談外来、病児保育の必要性を感じていた

私は看護師として大学病院、総合病院、クリニック、学校、市役所など、さまざまな場所で勤務してきました。看護師として、また一人の母親として、以前からお子さんの発達で悩んでいる親御さんの行き場がないことや、病児保育の必要性を感じていました。さくらキッズくりにっくには発達相談外来や病児保育室があり、それはまさに私が必要だと考えていたクリニックだったので、入職に迷いはありませんでした。「地域の皆さんに必要とされる場所をつくっていきたい」その思いを胸に、患者さん・ご家族に寄り添う日々を過ごしています。

 

​小さな病院のようなクリニック

さくらキッズくりにっくには、医師、看護師、事務だけではなく、保育士、心理士、療育士、言語療法士が在籍し、小さな病院のようなクリニックになっています。多職種連携は、各職種を知ることから始まると考えていて、その上で、協働できる部分はどこにあるのかを見つけていけたらと思っています。堅苦しいルールや体制ではなく、「こんな患者さんがいるんだけど、どうしたらいいかな?」と気軽に相談し合い意見を聞く、その積み重ねがチーム医療につながっていくと思いますね。

 

医療者がもっと身近な存在になれれば

当院は多職種連携の最先端をいくクリニックだと思っていて、子育てについて相談できる「YuiCafe」や、発達相談の「ひだまりサロン」、スキンケアの重要性を伝える「ベビーマッサージ」など各職種の専門性を活かしたさまざまなイベントを開催しています。よく親御さんから「こんなこと聞いていいんですか」と言われるのですが、本当にどんな些細なことでも気軽に相談してもらいたいと思います。

特に子育てについては、たくさんの情報が溢れていて、親御さんはとても迷いやすい状況だと思うんですね。一生懸命に子育てするあまり、不安が強くなってしまうお母さんも多いです。子育ての「こうしなければいけない」を少しでも減らしてあげることができれば、子育てを楽しむ時間が増えるかもしれません。私たち医療者が地域においてもっと身近な存在になって、正しい情報、信頼できるアドバイスを伝えていきたいと思っています。そして、お子さんとの時間を楽しんでもらえるきっかけになれば嬉しいです。