専門外来紹介

肥満外来

小児期から肥満を予防し、改善して行くことが成人病の予防にもつながります。

成人での生活習慣病(動脈硬化、糖尿病や講師結晶、脂肪肝、高血圧、メタボリックシンドローム)は小児期からの肥満(小児生活習慣病)が少なからず関わっていると言われております。

そのため、小児期から肥満を予防し、改善して行くことが成人病の予防にもつながります。

基本的には「食事療法」と「運動療法」が最も重要です。

肥満対策は、早期発見、早期介入が重要です。

肥満になるのは、カロリーオーバーが原因となっている事が多く、背景には、ファストフード利用率の増加や、脂質や等質の多いものを好んで食べることなどがあります。「早食い」「まとめ食い」「ながら食い」に注意しましょう。また、体を動かす機会を増やすようにしましょう。

生活リズムの乱れも肥満の原因となります。肥満を減らすには、早寝早起き朝ごはんを生活の軸として、食事時間や睡眠時間を確保しましょう。健康的な生活と、栄養バランスのとれた適度な食事が、肥満対策に有効です。早期発見、早期介入が重要です。

この記事の執筆者

糀谷こどもクリニック

髙木 優樹

育心会 理事長

三井 俊賢

RECRUITING

採用情報

医療事務

コメディカル

看護師

福利厚生

よくある質問

採用の流れ

医療法人社団育心会 Copyright© IKUSHINKAI Medical Group. All Rights Reserved.